このエントリーをはてなブックマークに追加

Workplace

ワークプレイス事例

先進的な働く場づくりに取り組む組織をレポートします。 オフィス空間の工夫だけでなく、行動習慣やプロセスを変えるソフト面での取り組みにもフォーカスします。

ISSUES

ISSUES一覧

ニューヨークのスタートアップ集積を加速させる一大ハブ

[Grand Central Tech]New York, USA

「ニューヨークは、スタートアップにとって一番いいところだと思います。ここには、全体的、かつ活力のある経済がある。金融業界で働く人がいて、アーティストがいて、コンテンツの作り手がいる。いろんな業界を代表する人がいるからこそヘルシーで楽しい経済があり、サンフランシスコのようにテックやスタートアップだけに偏ることがない」

「コワーキングは死んだ」─ コミュニティを育てる、新しい場所

[Factory]Berlin, Germany

ベルリンのコワーキングスペースといえばファクトリー、ベルリンではもちろん世界的にもそう評価が定まっているはずだった。にも拘わらず「COWORKING IS DEAD(コワーキングは死んだ)」という物騒なコピーを自社広告に打ったのだから、インパクトは大きかった

スタートアップとともに世界的なデジタルカンパニーへ

[Axel Springer Plug & Play Accelerator]Berlin, Germany

アクセル・シュプリンガー。創業者の名を冠するこの会社を一大メディア企業に押し上げたのは、1952年創刊のタブロイド誌『ビルト』である。一時は500万部以上を発行し、ヨーロッパで最も読まれる新聞となった。

大企業のイノベーションを手助けするデザインスタジオ

[IXDS]Berlin, Germany

デザインコンサルティングファームといえば、アイデア創出のみに関わる、自分では手を動かさない人たち、という印象があるかもしれない。 その点、コンセプトメイキングからエンジニアリングを経て製品をリリースするまでクライアントに付き添うIXDSのポジションは、業界的に見て、かなり特異なものだと言える。

細やかな情報共有文化が世界のゲーム人材を惹き付ける

[Wooga]Berlin, Germany

60秒間という短い時間で楽しめるパズルゲーム『Diamond Dash』が世界中で2億ダウンロード数を突破するメガヒットとなったカジュアルゲームメーカー、ウーガ。2009年に創業するとフェイスブック・ゲームの開発をスタート、2013年以降はモバイルゲームに特化した。

ベルリン市民が自らの手で取り戻した “みんなのための場所”

[Holzmarkt]Berlin, Germany

ここはベルリン市街を流れるシュプレー川のほとり。本来は市の再開発計画のもと近代的なビルが立ち並ぶはずだった土地に、ベルリン市民によるハンドメイドの複合施設プロジェクトが立ち上がった。

アートとテックで人とアイデアをつなぐ、ベルリン最大のテックフェスティバル

[Tech Open Air]Berlin, Germany

2016年7月11日〜14日。旧東ベルリンのターミナル駅だったオストクロイツ駅からさらに東に数キロ離れた重厚な建物は、何千もの人で溢れかえっていた。

3つのCの実現を目指すダウンタウン再生プロジェクト

[Downtown Project]Las Vegas, USA

ダウンタウンプロジェクト」は3.5億ドルの資本を基にした事業を展開している。不動産開発やローカルビジネスの支援、テック企業の支援などでダウンタウンの活性化を図る。

スタートアップコミュニティとの新たなタッチポイント

[Hanahaus]Palo Alto, USA

古い劇場を改修し、起業家や投資家が交流できるコワーキングスペースに。 スタートアップの生態系に貢献する。

人の動きをシミュレーションし、健康的、創造的、生産的なワークスペースを実現する

[Space Syntax Limited]London, UK

Space Syntax(スペースシンタックス)という言葉をご存じだろうか。1970年代にロンドンで生まれた概念であり、空間のあり方を数学的に分析する手法である。空間内の人の動きをシミュレーションし、分析することで、最適な設計、レイアウトを予測することができるのだ

観光名所カムデン・マーケットにイノベーティブな企業を誘致する。

[LABS]London, UK

かつてクリエイティブな人が集まり、カルチャー発信地だったロンドンのカムデン。ここ20年あまり、観光以外の人気は、ほかのエリアに奪われてきた感がある。再びクリエティブなハブになるため、コワーキングスペースの取り組みを見てみたい。

平等で持続可能な未来はオープン・イノベーションから生まれる

[SPACE10]Copenhagen, Denmark

北欧家具ブランド、IKEAのイノベーションラボ、SPACE10が注目を集めている。IKEAから100%の出資を受けているにもかかわらず、その活動内容は必ずしもIKEAのビジネスに直結しているものではないという。この不思議なラボはいったいどのような活動をしているのだろうか。

イギリスの医療問題解決を目指す、産業界と連携したデザイン・プロジェクト

[Helix Centre]London, UK

ヘリックス・センターは、世界トップレベルの理系大学であるインペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)と、同じく世界にその名を轟かせるロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)とのジョイント・プロジェクトだ。医療にまつわる諸問題をデザインの力で解決すべく医療スタッフとともに切磋琢磨している。

ラスベガスの旧市街とともにコアバリューの実現を目指す

[Zappos.com]Las Vegas, USA

ダウンタウン地区中心部に新たにオフィスキャンパスを移したザッポス。オフィスはコミュニティに開かれ、各種アメニティも開放している。街の活性が企業の成長へとつながるこの好循環を生むことこそ、彼らの念願だった。

デザインシンキングで刷新された顧客と共創する企業体質

[SAP]Palo Alto, USA

業務用ソフトウェア:ERPを主力事業としていたSAPが、新しい成長軸を獲得している。 顧客の課題をともに考え、解決に導くこと。デザインシンキングがそのためのツールになる。

街に見立てたオフィスから新しいプロダクトが生まれる

[Square]San Francisco, USA

急成長を続けるモバイル決済サービスのスクエア。他社に先んじて魅力的な新製品をリリースし続けるため、従業員のインスピレーションを掻き立てるものをオフィスに埋めこもうとしている。

スタートアップカルチャーを取り入れるIT業界の巨人

[Cisco]San Jose, USA

世界最大規模のネットワーク機器会社シスコの最新オフィスは、成熟した大企業である同社にスタートアップのカルチャーを取り入れるものだった。オープンかつカジュアルな空間が、ミレニアル世代以降の若手を惹きつけている。

ドルビーの新たなチャレンジが始まる

[Dolby Laboratories]San Francisco, USA

音響技術の会社として知られるドルビーだが、近年は映像分野にも注力。これを加速するために分散していた拠点を1つに集約。最新の実験設備と研究者どうしのコラボレーションを促すレイアウトを備えた新社屋を建設中だ。

ベルリンのライフスタイルが反映された「マインドと魂の出会う場所」

[Mindspace]Berlin, Germany

2014年、イスラエルのテルアビブで誕生したMindspace。満を持してベルリン、フリードリヒ通りに進出したのは2016年。オープン直後からあっという間にベルリンの人々の心を掴み、唯一無二のコワーキングスペースとして注目を集めている。

ベルリン初のコワーキングスペースはベルリンの変化とともにある

[Sankt Oberholz]Berlin, Germany

2006年にベルリンで産声を上げたSankt Oberholzは、ベルリン最古のコワーキングスペースと呼べる存在だ。SoundCloudやHelloFreshといった有名なスタートアップも、ここから巣立っていったという歴史を持つ。ここが人々を惹きつける理由はどこにあるのだろう。

TOPPAGE