このエントリーをはてなブックマークに追加
workplace_decode_main

データの主権を個人に取り戻す
「データ・コモン」

[DECODE]Barcelona, Spain

市民が生み出すデータを大企業が入手し、市民の手の届かないところで管理し、コントロールしている昨今だ。情報社会の中で最も価値の高いものであるはずの個人情報が、市民の手に委ねられていない。スマートシティについてまわる議論である。データは自由に活用し、サービス改善に生かすべきとする議論もあるが、欧州では「個人情報の主権は個人に戻すべき」との意見が主流だ。DECODE(ディコード)はその文脈に位置する。厳格な個人情報保護規制を設けたGDPR(一般データ保護規則)の制約を超えて、個人データをどう社会的に活用していけるか検証するEUのパイロット・プロジェクトだ。現在、バルセロナ、アムステルダムの2都市で大規模な社会実験が進められている。「このプロジェクトの目的は、市民に対して自らが生み出すデータをコントロールできる新たなインフラを供給すること。それからコモン的なやり方でデータを開発・利用することです」とDECODEのリサーチャー、パブロ・アラゴン氏は言う。

一般的には、2つの選択肢が考えられる。1つはプラットフォームで個人データを守る方法。2つ目はオープンソースのように誰もがアクセスできるようネット上でシェアする方法。しかしDECODEはいずれとも異なる3つ目の選択肢として、個人と組織の間に「データ・コモン」をつくろうとしている。データ・コモンはあくまでコミュニティ主導のプラットフォーム。ここに集められたデータはコモン・グッドのために活用され、そのプロセスも市民に対して透明性が保たれる。

  • ディコード リサーチャー パブロ・アラゴン
    データ・サイエンティスト。データ分析を通じて社会現象・政治現象に焦点を当てる。草の根民主主義、参加型民主主義などの関心からDECODEにもリサーチャーとして参加している。

  • バルセロナでのディコード・パイロット・プロジェクト・ワークショップの様子。
    (C)Smart Citizen at Fab Lab Barcelona

  • バルセロナ市議会がスタートさせた、都市および組織向けの無料のオープンソース。DECODEと連携することで、人口統計をつくる際に必要な有権者の属性データを匿名で収集できる。

  • 条件を満たした市民は、DECODEを通じて個人情報を提供する。これには、どの人口統計グループが政策立案に参加したかなどの貴重な情報が含まれている。

市民が自らデータを取得、管理し、
そこから新しい価値を生み出す

バルセロナで行われた実証実験を紹介しよう。1つは個人情報を活用した分散型民主主義のトライアルだ。バルセロナ市役所が開発した参加型民主主義のプラットフォーム「Decidim」をDECODEのインフラに組み込み、市民がDECODEのアプリを通して政策提案できるようにした。なおかつ性別や年齢、住所などの個人情報を条件付きで寄付することが可能になった。従来、個人情報保護の観点から蓄積できなかったデータだが、寄付という形なら集めることができ、人口統計データとして活用できる。もう1つは市民自らがデータをつくるトライアル。騒音データをセンシングするプロセスの中で、市民は個人情報が漏洩する危険に気付き、個人情報保護のルールやプロトコルをつくる動きが見られた。

スマートシティでは、それを管理する自治体や企業が街中にセンサーをちりばめ、データを収集・取得する。対してDECODEは、あくまで市民が主役だ。市民が自らデータを取得、管理し、そこから新しい価値を生み出す。またコモン・グッドな目的から外れることもない。アラゴン氏の言葉を借りるなら、これは「スマートシティからデモクラティックシティへの大きな変換」を推し進める試みなのである。

text: Yusuke Higashi
photo: Rikiya Nakamura

WORKSIGHT 15(2020.3)より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMENDEDおすすめの記事

SAPがポツダムから起こす大企業イノベーションの形

[SAP Innovation Center Potsdam]Potsdam, Germany

左遷覚悟で臨んだ製品化へのゲリラ戦【日本のシリアル・イノベーター(3)前編】

[大嶋光昭]パナソニック株式会社 R&D本部 顧問、工学博士、京都大学 特命教授

“I-Deals”で才能や潜在キャリアを柔軟に生かす

[服部泰宏]神戸大学大学院 経営学研究科 准教授

TOPPAGE