このエントリーをはてなブックマークに追加

ABOUT

WORKSIGHTとは

働く環境を考える企業キーパーソンに向けた、ワークスタイル戦略情報メディアです。企業が抱える経営課題に「働く環境(=空間インフラ+制度インフラ)のリデザイン」という視点からアプローチしていきます。

コンセプト 会社の悩みは環境の工夫で解決できる

2つのメディア+イベント

WORKSIGHTは、年2回発行の紙媒体【MAGAZINE版】と、随時更新のインターネット媒体【WEB版】(当サイト、worksight.jp)の2つのメディアで展開していきます。また、編集部が主催するイベントとも連動して、「働く環境を考える企業キーパーソン」のコミュニティ作りも目指します。

編集メンバー

WORKSIGHT編集長/ワークスタイル研究所 所長
山下 正太郎(やました・しょうたろう)

コクヨ株式会社に入社後、戦略的ワークスタイル実現のためのコンセプトワークやチェンジマネジメントなどのコンサルティング業務に従事。手がけた複数の企業が「日経ニューオフィス賞(経済産業大臣賞、クリエイティブオフィス賞など)」を受賞。2011年にグローバルで成長する企業の働き方とオフィス環境を解いたメディア『WORKSIGHT(ワークサイト)』を創刊。また同年、未来の働き方と学び方を考える研究機関「WORKSIGHT LAB.(現ワークスタイル研究所)」を立上げ、研究的観点からもワークプレイスのあり方を模索している。2016-17年英ロイヤル・カレッジ・オブ・アート ヘレン・ハムリン・センター・フォー・デザイン 客員研究員、2019年より京都工芸繊維大学 特任准教授を兼任。

WORKSIGHT 副編集長/ワークスタイル研究所所属 リサーチコーディネーター
金森 裕樹(かなもり・ゆうき)

2005年にアメリカ・カリフォルニア州Sonoma State Universityを卒業(B.A. in Geography)、コクヨ株式会社に入社。オフィス家具に関わる国内・海外の営業、マーケティング部門を経て2012年より成長する企業の働き方とオフィス環境を解いたメディア『WORKSIGHT(ワークサイト)』に携わる。 主に海外の先端ワークプレイスのリサーチを担当する。コクヨの研究機関ワークスタイル研究所に所属。2019年にワークプレイス・コンサルティングを専門で教えるIE School of Architecture & Designの修士課程を修了。 グローバル企業の働き方研究会 Future of Workコンソーシアムに参画。ワークプレイスコンサルタント及びリサーチコーディネーターとし従事し、海外の研究機関・企業・設計デザイン事務所など多数の接点を持つ。

発行元について

WORKSIGHTはコクヨ株式会社ワークスタイル研究所が発行しています。ワークスタイル研究所は次世代の働き方/学び方を追求し、様々な実践知とソリューションを提供する研究機関です。

所在地及び連絡先は次のとおりです。

〒108-8710 東京都港区港南1-8-35
コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所 
contact@worksight.jp

このサイトの制作協力について

編集・制作・運用
ブリッジワークス
TOPPAGE