このエントリーをはてなブックマークに追加
innovator_mera-2_main

組織を超えて有志が集い、イノベーションが生まれる

クラウドファンディングが働き手と企業に与える影響とは

[米良はるか]READYFOR株式会社 代表取締役

働き手の価値観は変化していて、それに対応できる企業が優れた人材を獲得できるような気がします。

READYFORはいま従業員が60人くらい*。2016年に倍くらいにメンバーが増えましたが、それができたのはここで働きたいという人と価値観をしっかり共有できたことが大きかったと思います。

若い求職者は企業の志をチェックしている

まだまだ弊社は小さなベンチャー企業で、金銭的な見返りも確約できないのに、人材を募集すると学歴や経歴のハイレベルな人がたくさん応募してくれるんです。その中でも価値観のあった人を厳選させてもらうことができました。

特に20~30代の方々は企業の有名無名に関係なく、どういう志で何をしているのか、組織や事業が世の中の共感を得ているかというところを重視している印象を受けます。背景には、そんなにお金のかからない時代になったことがあるのかもしれません。あくせく働いてまでほしいと思えるものがないし、むしろモノとは違うところで幸福度が測られる時代ですから。

そういう状況だからこそ、それぞれの会社がどういうビジョンで、どんな価値を社会に提供していこうとしているかを意識する人が増えているということなんでしょう。

プロジェクト実行者の6割は本職をほかに持つ任意の集まり

採用に応募してくる人だけでなく、Readyforのサービスを使う実行者の方々にも、組織に依存しない働き方が波及していると感じます。個人や有志のグループで自立的な活動を展開するために、Readyforを通じて資金を調達するわけです。

実際、Readyforを利用している実行者の6割くらいが会社を持たない任意団体のような人たちです。その1人ひとりは現職が公務員だったり、大企業に所属する人だったりする。つまり、組織の垣根を超えて有志が集まり、プロジェクトを運営しているということです。

少し前なら退職してベンチャー企業を作る必要があったでしょうけれども、今はそういうリスクを取ることなく、クラウドファンディングでお金を集められます。手応えをつかんだら、そこで初めて退職して新しい会社を作ればいい。最初の一歩のハードルが下がっている時代なんです。

市場規模や売上の見込みといったことに振り回されて起業をしり込みするのではなく、柔軟にいろんな人とコラボレーションして、そこから生まれる面白そうなこと、わくわくするようなことを、立場や組織に関係なく実現できたらそれはいいことだし、健全なことだと思います。

2015年の「READYFOR OF THE YEAR」を受賞した、「マギーズ東京」設立のプロジェクトはまさにそういうつながりで生まれたものです。がんのサバイバーの方が中心となり、そこに志を同じくする人が30人ほど集まってきた。全員プロボノですが、計画通り実際に豊洲に施設を作って、初日の記念式典には現職の厚生労働大臣まで参加した。みんなのネットワークで、ここまでレバレッジがかけられるんだという素晴らしいお手本だと思います。

ソーシャルメディアの普及でコラボレーションしやすい時代になった

マギーズのような実例を目の当たりにすると、クラウドファンディングは人の働き方も変えていく力を持っていると感じます。個人が会社の中で培ってきた属人的な部分を、社会のさまざまな課題やイノベーションへの想いにマッチングさせていく。それはこれからの仕事の1つのあり方でしょう。

私が大学院時代に開発した人物検索サイト「あのひと検索 スパイシー」は、まさにそんなふうに人をつなげることを目的としたシステムでした。今はフェイスブックやリンクトインのようなソーシャルメディアが普及して、個人の経歴や友人関係がより可視化されるようになりました。それだけ人と人がつながりやすく、コラボレーションもしやすい時代になったといえます。マギーズのようなプロジェクトが、近い将来は当たり前になるかもしれません。

特に若い人の場合、大義があるところに能力やお金を提供したいという思いを持つ人も多いですね。それは社会に貢献したいというより、新しい時代の自己実現だと思いますが、ともあれその流れがソーシャルなプロジェクトをどんどん起こすのではないかとも思うんです。東京オリンピックが終わるころにまた新しい価値観が模索されるかもしれませんが、この先5年くらいはそういう方向に変化していくのではないかと。

それを許容するには企業側のマインドも変わっていく必要があるでしょう。ITを導入して仕事の効率が上がってワーカーの時間が空いたとき、経営者としては会社のためになることをやってほしいと思うけれども、でも厳密に管理してしまうと新しいことは起こらないでしょう。もっと有機的に、立場に関係なくコラボレーションしていく方が面白いし、そういう社会の中でこそReadyforのようなサービスはもっと浸透していくのかなと思います。

企業トップの決断と組織の構造改革が求められる

もう1つ、クラウドファンディングと企業の関係についていえば、新規事業の可能性や潜在的な市場規模を推し量るマーケティングツールとしてReadyforに興味を持ってくださる方もいるのですが、そこでは企業の覚悟が試されることもご理解いただきたいと思っています。

若い世代の人はクラウドファンディングも活用して新しいサービスや製品を生み出したいと意気込むものの、大きな会社だとそれを許してもらえない空気があるとも聞きます。従来的な社内の認可プロセスを経ていない商品が外部に公開されることを怖がる人もいる。その気持ちはよくわかります。クラウドファンディングで多くの支援を獲得できればいいけれども、場合によってはあまり良くない評価を得ることもあるでしょう。

アイデア段階のものや開発中のものであってもカジュアルにオープンにしていくことができるか。ネガティブな評価も含めて受け止めることができるか。クラウドファンディングをテストマーケティングに使う場合、企業にはトップの決断と組織の構造改革が求められます。

とはいえ、面白い分野ではあると思いますね。大企業で仕事をしている人は多いし、そういう方々のノウハウ、知識、ネットワークが、何かやりたいという思いでつながって、それによってさらにアクションが加速することもあるはず。私たちもそのつなぎ役を果たすべく、人がつながる場所を作りたい。そういうことが起こりやすい空気を社会に作っていくことで、みんながハッピーになれたらいいですよね。


Readyfor は2011年3月、米良はるか氏が東京大学発ベンチャー企業・オーマ株式会社にて日本初のクラウドファンディングとしてリリース。事業拡大を受けて2014年に米良氏がREADYFOR株式会社を創業、オーマより事業譲受して現在に至っている。
https://readyfor.jp/

* 2016年11月現在。

「がん患者が自分の力を取り戻すための場マギーズセンターを東京に」
英国発のがん患者のための相談支援センター「マギーズセンター」を日本に設立するためのプロジェクト。Readyforなどで調達した資金を元に2016年10月にオープンした。2020年秋までの期間限定施設。
https://readyfor.jp/projects/maggiestokyo


「あのひと検索 スパイシー」は、人物の名前を元にインターネットから情報を取得し、関連する人物と紐づけて表示するウェブサイト。運営はオーマ株式会社。2008年に試験運用開始。
http://spysee.jp/

ベストチームは世界中から見つけるもの。
コラボレーションでリソースを獲得する

組織を超えたつながりの重要性は自分でも感じていることなんです。もともと1人で起業したので、何かやりたいと思ったらリソースを外部から得るしかありませんでした。そういう経験から、今でも社内で新しいアイデアが出ると、私は「これを実現するにはどういう能力のある人が必要か」「そういう人たちとつながるにはどういう形が面白いか」という具合に、まず社外に意識が向きます。

ベストチームは世界中から見つけるもの。適切なメンバーが日本にいなければ海外に目を向ければいいんです。いまのReadyforをベストにするためのチーム集めと、新しいことをやるためのチーム集めは性質が違います。なので、新しいことに挑戦するときはコラボレーションの感覚を大事にしています。

挑戦の機会を得ることで会社も成長していく

私の場合、各地で講演することも多くて、そういう場も含めて仕事で出会う人の数は週400人くらいに上ります。出会えたことも何かの縁だろうし、それだけの数の人の中には思いを共有できて、しかも今の自分たちにないものを持っている人もいるものです。見つけたら誘わない手はないでしょう。

私はそういうネットワークの構築が得意で、具体的に協働の仕組みをまとめるのはそれが得意な社内のメンバーに任せます。1人で何もかも切り盛りする経営者もいるけど、私の場合は適材適所と割り切って、社内でもコラボレーションという感じです。

自分もあちこちから相談を受けたりして忙しいですけど、誘われるうちが華かなと(笑)。ですから、何か話をいただいたら自分たちでできることを真剣に考えます。それはまた、どうしたらこの会社の価値がもっと高まって自分たちが目指す姿に近づけていけるかを模索する機会にもなります。いろいろなコラボレーションで挑戦の機会を得ることが、結果的に会社の成長にもつながっていくんでしょうね。

フランクな交流を通して社内の信頼関係を築く

有機的に人とつながって何かを成し遂げようとする場合、やっぱり相手と密にコミュニケーションすることになるので、社外にいる時間がどうしても増えます。そうすると自分をコントロールできる能力が求められます。それは誰でもできることではないので、今後そのあたりの制度設計を詰めていく予定です。

ただ、なるべく制度で縛るようなことは避けたいですね。オフィスの雰囲気もできるだけフラットで、何でも相談しあえるような環境を心掛けています。今いるオフィスには2016年に移転してきたんですけど、私のデスクは他の社員と同じ場所にあります。

最初は窓際に自分のスペースを小部屋風に作ったんですけど、いかにも大上段に構えている感じで、みんなと距離ができてしまいそうなのでやめました。社長室もなく、パーテーションで囲っているわけでもなく、むしろ出入り口に近い端っこなので末席に近い(笑)。でも、みんな話しかけやすくなったようだし、これが私のスタイルに合っていますね。

うちは月に3回くらいイベントを実施していますし、社内で交流する時間が多いです。仕事仲間で仕事の話をするのも大事だけど、一方でフランクな交流を通して信頼関係を作ることも大事。プライベートなことを話してその人の背景を知れば、それもまた何かのアイデアやアクションのきっかけになり得ます。

Readyforとして、あらゆる人の思いをかなえていくというミッションにこれからもしっかり取り組んでいきたいし、その輪を広げることを丁寧にやっていきたい。そのためにも社内のつながりを深めていくことの意味は大きいと考えています。

WEB限定コンテンツ
(2016.11.4 文京区のREADYFORオフィスにて取材)

text: Yoshie Kaneko
photo: Kazuhiro Shiraishi

米良はるか(めら・はるか)

READYFOR株式会社 代表取締役。1987年東京生まれ。2010年、慶應義塾大学経済学部卒業。2012年、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了。大学院在学中にスタンフォード大学へ留学し、帰国後の2011年3月、クラウドファンディングサービス「Readyfor」を立ち上げる。2014年7月に法人化し、代表取締役に就任。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出され、ダボス会議に日本人史上最年少で参加。内閣府 国・行政のあり方懇談会 委員など、国内外の数多くの会議に参加している。‎‎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMENDEDおすすめ記事

TOPPAGE