このエントリーをはてなブックマークに追加

SEARCH

検索結果

Berlinで検索した結果、 11件の記事が見つかりました。

「おもしろい人」のたまり場から大企業をも引き寄せる場へ

[betahaus]Berlin, Germany

デジタルノマドやスタートアップがラップトップを叩く隣で、ダイムラー、シーメンス、ボッシュら大企業がブースを構えている。これは一体誰のオフィスか? 旧来のコワーキングスペースのイメージとかけ離れた世界が広がる。

「コワーキングは死んだ」─ コミュニティを育てる、新しい場所

[Factory]Berlin, Germany

ベルリンのコワーキングスペースといえばファクトリー、ベルリンではもちろん世界的にもそう評価が定まっているはずだった。にも拘わらず「COWORKING IS DEAD(コワーキングは死んだ)」という物騒なコピーを自社広告に打ったのだから、インパクトは大きかった

スタートアップとともに世界的なデジタルカンパニーへ

[Axel Springer Plug & Play Accelerator]Berlin, Germany

アクセル・シュプリンガー。創業者の名を冠するこの会社を一大メディア企業に押し上げたのは、1952年創刊のタブロイド誌『ビルト』である。一時は500万部以上を発行し、ヨーロッパで最も読まれる新聞となった。

大企業のイノベーションを手助けするデザインスタジオ

[IXDS]Berlin, Germany

デザインコンサルティングファームといえば、アイデア創出のみに関わる、自分では手を動かさない人たち、という印象があるかもしれない。 その点、コンセプトメイキングからエンジニアリングを経て製品をリリースするまでクライアントに付き添うIXDSのポジションは、業界的に見て、かなり特異なものだと言える。

細やかな情報共有文化が世界のゲーム人材を惹き付ける

[Wooga]Berlin, Germany

60秒間という短い時間で楽しめるパズルゲーム『Diamond Dash』が世界中で2億ダウンロード数を突破するメガヒットとなったカジュアルゲームメーカー、ウーガ。2009年に創業するとフェイスブック・ゲームの開発をスタート、2013年以降はモバイルゲームに特化した。

ベルリン市民が自らの手で取り戻した “みんなのための場所”

[Holzmarkt]Berlin, Germany

ここはベルリン市街を流れるシュプレー川のほとり。本来は市の再開発計画のもと近代的なビルが立ち並ぶはずだった土地に、ベルリン市民によるハンドメイドの複合施設プロジェクトが立ち上がった。

アートとテックで人とアイデアをつなぐ、ベルリン最大のテックフェスティバル

[Tech Open Air]Berlin, Germany

2016年7月11日〜14日。旧東ベルリンのターミナル駅だったオストクロイツ駅からさらに東に数キロ離れた重厚な建物は、何千もの人で溢れかえっていた。

ベルリンのライフスタイルが反映された「マインドと魂の出会う場所」

[Mindspace]Berlin, Germany

2014年、イスラエルのテルアビブで誕生したMindspace。満を持してベルリン、フリードリヒ通りに進出したのは2016年。オープン直後からあっという間にベルリンの人々の心を掴み、唯一無二のコワーキングスペースとして注目を集めている。

ベルリン初のコワーキングスペースはベルリンの変化とともにある

[Sankt Oberholz]Berlin, Germany

2006年にベルリンで産声を上げたSankt Oberholzは、ベルリン最古のコワーキングスペースと呼べる存在だ。SoundCloudやHelloFreshといった有名なスタートアップも、ここから巣立っていったという歴史を持つ。ここが人々を惹きつける理由はどこにあるのだろう。

世界中の優秀な人材を引き寄せるエゴを持たないカルチャー

[HelloFresh]Berlin, Germany

レシピ付きの食材宅配サービスを運営するHelloFresh。2012年の創業から毎年400%の成長を続け、現在では世界7カ国で事業を展開している注目のスタートアップだ。急成長によるさまざまな問題も起こっているものの、ユニークな取り組みを通じて社員をまとめることに成功している。

二つのアプローチで社内シーズをイノベーションに結びつける

[Deutsche Telekom]Berlin, Germany

電話サービスで圧倒的なシェアを持つドイツテレコムだが、近年はインターネット関連サービスの拡充に力を注いでいる。グローバルに勝ち抜く秘策がそのイノベーションラボだ。

TOPPAGE