このエントリーをはてなブックマークに追加

ABOUT

WORKSIGHTとは

働く環境を考える企業キーパーソンに向けた、ワークスタイル戦略情報メディアです。企業が抱える経営課題に「働く環境(=空間インフラ+制度インフラ)のリデザイン」という視点からアプローチしていきます。

コンセプト 会社の悩みは環境の工夫で解決できる

2つのメディア+イベント

WORKSIGHTは、年2回発行の紙媒体【MAGAZINE版】と、随時更新のインターネット媒体【WEB版】(当サイト、worksight.jp)の2つのメディアで展開していきます。また、編集部が主催するイベントとも連動して、「働く環境を考える企業キーパーソン」のコミュニティ作りも目指します。

編集メンバー

WORKSIGHT編集長/WORKSIGHT LAB.主幹研究員
山下正太郎(やました・しょうたろう)

コクヨ株式会社に入社後、オフィスデザイナーとしてキャリアをスタートさせる。その後、戦略的ワークスタイル実現のためのコンセプトワークやチェンジマネジメントなどのコンサルティング業務に従事している。コンサルティングを手がけた複数の企業が「日経ニューオフィス賞」を受賞。2011年にグローバルで成長する企業の働き方とオフィス環境を解いたメディア『WORKSIGHT(ワークサイト)』を創刊し、また未来の働き方と学び方を考える研究機関「WORKSIGHT LAB.」を立上げ、研究的観点からもワークプレイスのあり方を模索している。

WORKSIGHT編集員/WORKSIGHT LAB.研究員
金森裕樹(かなもり・ゆうき)

2005年にアメリカ・カリフォルニア州Sonoma State Universityを卒業(B.A. in Geography)、コクヨファニチャー株式会社に入社。営業としてPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)事業における官公庁学校案件を担当。海外営業推進室に異動し欧州へのオフィス家具販売サポート及び欧州のオフィス家具の国内販売企画に従事する。その後、マーケティング部にてプロモーションを担当。2011年には東日本大震災復興支援プロジェクトに所属。節電・BCPを考慮したワークスタイルのリサーチ・実証実験を行う。2012年よりWORKSIGHT LAB. 所属。企業と個人、これからのヒトのつながりのあり方を追求するコミュニティリサーチャーとして活動。WORKSIGHT編集員。

発行元について

WORKSIGHTはコクヨ株式会社WORKSIGHT LAB.が発行しています。WORKSIGHT LAB.は次世代の働き方/学び方を追求し、様々な実践知とソリューションを提供する研究機関です。

所在地及び連絡先は次のとおりです。

〒108-8710 東京都港区港南1-8-35
コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB. 
contact@worksight.jp

このサイトの制作協力について

編集・運用
ブリッジワークス
アートディレクション
スープデザイン
デザイン・システム構築
それからデザイン
TOPPAGE