このエントリーをはてなブックマークに追加
worksight_ubc_main

互いをつなぐ学習体験が
薬剤師のハブ人材を育てる

問題解決の実習に重点を置く“反転授業”

[The University of British Columbia Faculty of Pharmaceutical Sciences]Vancouver, Canada

  • 地域の複雑な課題を解決できる薬剤師を育成したい
  • 最高のスタッフが集まるような施設デザイン
  • カナダの主要な建築賞を受賞、一目置かれる存在に

ブリティッシュコロンビア大学(The University of British Columbia、以下UBC)は州で唯一「薬学部」を擁するカナダ最大の研究総合大学である。だが育成できる学生には限りがあった。

従って新校舎建設は、ブリティッシュコロンビア州における医療システムの戦略的発展のため、より多くの学生の受け入れと薬学研究の強化を第一の旨としている。建設計画書には「年152人しかとれなかった学生を校舎の拡張により224人とれるようにする」と明記された。

新校舎には大学病院が隣接しており、先端的な治療を施す機会には事欠かない。教育、研究、臨床まで一気通貫した環境は学生にも教員にも魅力的に映るだろう。校舎新築にあわせて教育内容も一新。教室での講義を排し問題解決の実習に重点を置く“反転授業”を導入し、病院や薬局での体験授業を増やした。

建物外観はピクセレートした「2本の木」がモチーフ。重なり合う木々の隙間から光が内部に落ちるイメージだ。建物から突き出ているブロックの内部はミーティングスペースになっている。

創設:1908年
学生数:5万1477人(バンクーバー校/2014年)
教職員数:1万4212人(バンクーバー校/2014年)
http://pharmsci.ubc.ca

  • カフェテリアは学生同士のミーティングやインフォーマルな学習に使われる場所だ。居心地の良い空間にするためテーブルやチェアの品質にはこだわったという。

  • 建物から突き出たブロック状のミーティングスペース。採光に優れたつくりになっている。

  • 大通り側のエントランス部分の窓は、表通りの木々を映す鏡のようだ。

  • 階段状のレクチャーホール。校舎内には2つの講堂がある。

  • 2階には、学生のための実習ラボも設けられている。

医療システムの変革を推進できる
人材を育成するために

またチームティーチングに重きが置かれ、薬学外の専門家、例えば臨床医や科学者が一緒にクラスを持つこともしばしば。学部長のマイケル・コフトリー氏は言う。

「学生はみな、臨床での実習に1年をかけます。大きくいえば、健康から科学にわたる様々な分野が入り交じる環境なんです。歯科クリニックに当学部の学生が学んだり、逆に歯学部の学生がうちのクリニックで学ぶこともあるんですよ」(コフトリー氏)

複雑化する医療を背景に薬剤師が担うべき役割は大きく変わった。医師との密な連携、きめ細やかな薬剤のマネジメント等がその一例。ビジネススクールとの連携も検討中である。「卒業生は医療システムの変革を推進できるようになるべき。そのためのスキルを身に付けてほしいのです」(コフトリー氏)

隣接する駐輪場の建物が光を遮るため、2つの光井戸から自然光を建物内部に取り込む構造とした。

  • ラボとアッパーメザニン、ロウアーメザニンとの境界。全体的に視線が通りやすくなっている。天井を高くしたことでパイプやダクトの保全と修理が簡単になった。

  • 研究室のフロアからラボを見下ろす。通常ラボは閉鎖的になりがちだが、ガラス張りにして段差をつけたことで見通しが良くなった。

  • 教授や大学院生には個室のオフィススペースが割り当てられる。

  • チームティーチングを行う教室。1つのクラスを学内外の複数の専門家が受け持つ。

  • ミーティングルーム。学内では最も優れたAVシステムを導入、ビデオ会議などを通じて世界各地の研究者と交流できる。

世界中の研究者とのコラボを
容易にする最新設備

建築デザインの点では、4階以上のフロアに設けたメザニン(中2階)が特徴的だ。メザニンはアッパー(Upper)とロウアー(Lower)の2層があり、前者には教授用の個室が、後者には大学院生用の個室が並ぶ。彼らが集うラボは個室に囲まれる形で建物中央にレイアウトされた。

セキュリティ上閉鎖的にならざるを得ないラボだが、UBCでは研究室からいつでもラボを見下ろすことが可能。メザニンの導入により視覚的なつながりを担保したというわけだ。医療設備のレベルの高さは言うまでもない。DNAを6時間にわたって分析する「シークエンシングマシーン」、1台100万カナダドルするこの最新機材が2台置かれた。

AV機器の充実ぶりも学内随一。ミーティングルームにはビデオ会議などを通じて時間と場所の隔てなく世界中の研究者とコラボできる環境が与えられた。

新校舎は州からの出資を受けて建設されたもの。そのため出資が適切だったかどうか、費用面・機能面などから詳細にチェックされたが無事承認される運びとなった。UBCのファシリティマネジャー、ジャマール・クルトゥー氏の言葉を借りるならば「計画書以上の仕上がり」との評価だ。

竣工から3年、カナダのベストデザイン賞であるGovernor General’s Medals in Architectureをはじめ名だたる建築賞の受賞が相次いでいることも、新校舎の成功を確たるものにしている。

コンサルティング(ワークスタイル):自社
インテリア設計:Saucier + Perrotte Architectes、Hughes Condon Marler Architects Architects 建築設計:Glotman – Simpson Consulting Engineers

text: Yusuke Higashi
photo: Kazuhiro Shiraishi

WORKSIGHT 09(2016.4)より

学部長
マイケル・コフトリー

ファシリティマネジャー
ジャマール・クルトゥ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RECOMMENDEDおすすめ記事

大企業を変える新しいベンチャーとは?

[斎藤祐馬]トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業開発部長

開発者に問われる変革のリーダーシップ

[レイモンド・L・プライス×ブルース・A・ボジャック]イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校工学部教授/イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校工学部副学部長・非常勤講師

TOPPAGE