このエントリーをはてなブックマークに追加

EVENT

終了しました

経営学習研究所 ラーニングイベント【現場を歩き、イノベーションを生み出せ!】 40代-50代ミドルの再挑戦と学び

21 Sep, 2012 投稿者/金森裕樹
日程 2012年9月21日(金)18:00~21:00
会場 コクヨ エコライブオフィス品川
120921_mall

「イノベーションを生み出すこと × 40代-50代ミドルの再挑戦と学び」
「現場を歩き、イノベーションを生み出せ!40代-50代ミドルの再挑戦・学び・働きがい」

富士通株式会社では、2007年から、お客様(顧客企業及び富士通グループ)の現場を起点に、
様々なツールを用いながら、現場の問題を可視化し、問題解決を行う取り組み「フィールド・イノベーション」を推進しています。
フィールド・イノベーションを担う人材は、フィールド・イノベータと呼ばれる40代-50代のミドル幹部社員です。
フィールド・イノベータは、1年間の育成プログラムの中で、マインド・プロセス・ツールなどを身につけ、修了後は、原則3名1組になって、お客様の課題解決に一緒になって取り組みます。企業にとってイノベーションが競争優位の源泉であることは、言うに及びません。
また、近年、ミドルクラスの活性化・再学習・働きがいの回復が、
人事課題として浮上している企業は多くなっていると思います。
富士通様のお取り組みは、この二つの掛け合わせにあると思います。
今回のラーニングイベントでは、同社でフィールド・イノベーションの取り組みを
推進してきた加藤 真(かとうまこと)さんをお招きし、皆さんで議論する会を持ちたいと思います。
形式はラーニングバーのような形式になると思います。
ふるってご参加頂けますと幸いです。

 

■申込:終了しました

■内容
・オーバービュー「イノベーション × ミドル」
(東京大学 准教授 中原淳氏)

・セッション1「フィールド・イノベーションって何?」


【フィールド・イノベーションの取り組みは、富士通自体の改革で あり、
当初の目的はミドルの活性化ではなかったが、結果としてミドルの活性化に結びついた。
本来の目的を理解していただいた上で、活性化した人材の活躍事例をご紹介したい。】
(株式会社富士通総研加藤真さま)

 

・セッション2「何故、ミドル幹部社員が活性化したか?」


【関係者のコミット・育成プログラム上の工夫・ナレッジ共有・人材流動化など現場で起きた事実に基づき、
「共通の行動様式としてどのようなものができたか?」「彼らの琴線に触れるものは何だったのか?」を
振り返ることにより、今後の課題含めご紹介したい】
(株式会社富士通総研 加藤真さま)

 

・ダイアログ

 

・ラップアップ

http://mallweb.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPPAGE